■サイト内検索:
RPA Biz
RPA Biz >> BPO/アウトソーシング

BPO/アウトソーシングについて

BPO/アウトソーシングといえば、ある特定の業務について自社ではノウハウが無い事やリソースの不足などの理由から専門の会社に業務を委託するというのが今まではよくあるパターンでした。

ところが、日本が高齢化社会になり、労働力の不足が叫ばれるようになると、戦略的なアウトソーシングを考える必要が出てきました。

現在、日本のBPO企業も積極的にRPAの導入を進めており、人間のオペレーターとRPAが連携することで、より高品質、高スピードでの業務遂行が図られています。最も分かりやすい例としては、コールセンターでしょう。顧客との対話を行うオペレーターの迅速速度を高めるのにRPAの導入が進められています。

BPO/アウトソーシングの業務すべてがRPAに置き換わるわけではありませんが、今後も人間のオペレーターとRPAのロボットが手を取り合い、協業していくサービスは拡充するものと考えられます。

 

BPOを行っている企業としては、

世界最大手はアクセンチュア、国内最大手はトランス・コスモスが挙げられます。

 

BPOはコールセンター業務の包摂する上位の概念であり、

コールセンターBPOサービス企業としてはベルシステム24といった会社が挙げられます。

目次 債権の種類 滞納処分 BPOについて RPAの適用について まとめ           【前回の記事はこちら】  https://rpa-biz.com/?p=2497     これまでBPOやRPAについて述べてきましたが、具体的に私が知る範囲でお伝えしたいと思いま...

2018.10.16

 
    【前回記事】 https://rpa-biz.com/?p=2129         これまで、BPOの委託業者と自治体側、更にはオペレーター側について述べてきました。     50団体ぐらいの自治体にRPAの導入を検討しているか確認したところ、 半数以上の団体から担当者レベルでは検討し...

2018.10.01

 
  【前回記事】 https://rpa-biz.com/?p=2113     これまで、BPOの委託業者と自治体側について述べてきました。 本ブログはRPAに関する情報サイトなので、RPAについて述べていきたいと考えていましたが、 オペレーター側のこともと要望があったため、オペレーター側について述べていきたいと思います。     1....

2018.09.12

 
関連タグ:,
【前回記事】 https://rpa-biz.com/?p=1916     全国に地方自治体はいくらあるかご存知ですか?   総務省の最新データによると合計で1718(市790町745村183)存在します。 地方自治体の分類で、人口50万人以上の政令指定都市、人口20万人以上の中核市、 人口20万人以上いるが中核市に移行しなかった特例市の3つがあり、...

2018.09.10

 
関連タグ:
地方自治体BPOを受託する企業はおおよそ300社ぐらいです。   しかし、私の情報は古く、年々増えているとも言われています。 それはなぜかというと自治体BPOは参入障壁の低く新規参入がしやすく、 中小のBPO業者がこぞって自治体BPOに参入するからです。     そして、参入障壁が低いため、運営能力を著しく欠く業者の存在を許し、 そのような業者によって...

2018.08.23

 
関連タグ:
BPOサービス市場   経済産業省が2015年にBPO(アウトソーシング)サービスに関する資料を公表していますが、 それによると日本におけるBPO市場規模は、1,600,000百万円となっています。   業務別の市場規規模は以下のとおりとなっています。     (間接業務) コンタクトセンター 360,000百万円:コールセンター ヘルプ...

2018.08.10

 
関連タグ:
直近で地方自治体におけるRPA導入のポイントについて述べられていたので、 地方自治体BPOとRPAがどのように繋がっていくのかを何回かに分けて述べていきたいと思います。   https://rpa-biz.com/?p=1408   本日は概要部分です。 本日のコラム担当は複数の地方自治体での業務経験があるので、実例を交えていきますが、 あくまでも私が知っているそ...

2018.07.23

 
関連タグ:
アウトソーシングは英語で何というのでしょうか。英単語の綴りは「outsourcing」となります。 アウトとソーシング、両方とも独立した意味を持つ単語で、「アウト=外部」、「ソーシング=資源利用」という2つから、外部資源利用となります。 そこから、外部委託という意味合いになります。もともと、組織内で行っていた仕事を外部企業へ業務委託する。または、外部からサービスとして購入する場合もあります。 ...

2018.04.12

 
関連タグ:
アウトソーシング業界の現在は伸び続けており、これからも需要はあると言われています。背景として、企業における経営のスリム化や効率化、そして小規模へシフトし続けています。今まで社内で行っていた業務は、外部委託という形でアウトソーシングされ、経営資源の集中が重要になってきています。 特に社内業務の中で、直接利益を生み出さない間接業務は、アウトソーシングされます。そのため、業界の中でも専門のアウトソーシ...

2018.04.08

 
関連タグ:
アウトソーシング企業を活用して、業務のスリム化を図ろうと活用するが、残念ながら失敗するケースもあります。失敗するケースの多くは、単なる外注企業と捉え、準備や取り決めをせず、任せてしまう場合です。特に一番の失敗ケースは、アウトソーシング企業へ業務の丸投げです。契約上不利な状況に陥ることや効果が現れないだけでなく、経営上において足を引っ張ってしまうこともあります。 今回は、アウトソーシング企業を活用...

2018.04.04

 
関連タグ:
近年では、福利厚生までアウトソーシングする時代になってきています。業務だけでなく、福利厚生も社外へ出すことによって、社員のニーズを満たすようになっています。これを考えると、思っても見なかったものがアウトソーシングできるようになり、経営のスリム化が図れるようになります。 福利厚生をアウトソーシングするようになった背景とどのようなサービスがあるのかを紹介します。   福利厚生のアウトソ...

2018.03.27

 
関連タグ:
NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社(旧NOC日本アウトソーシング株式会社)は、様々な分野のアウトソーサーとしてだけでなく、RPAサービスも導入しています。 アウトソーシングは、業務の外部委託として活用され、実際に業務を行うのは人になります。委託元は業務改善を果たせても、委託先は変わらず(場合によっては酷くなった)ということもありえます。 そこで近年注目を集めているのは、RPAサー...

2018.03.26

 
関連タグ:
業務を丸ごとアウトソーシングの検討をしている場合、数あるサービスの中で、どういったポイントを見ていくか重要になります。アウトソーシング専門会社はたくさんあり、比較検討する上でどうしてもコスト的な面で見がちです。 もちろんコストも重要ですが、それ以外にも見るべきポイントがあります。アウトソーシングサービスを活用し、業務改善する上で大事にしたいことをまとめました。   コストより専門性...

2018.03.25

 
関連タグ:
ここ近年、人材業界への求人は加熱しており、派遣やアウトソーシングに主軸を置いている会社は、喉から手が出るほどスキルのある人を求めている。人材業界に限らず、どの会社も優秀な人材を確保しようと採用活動に精を出しているのは事実です。 何をもって優秀かはさておき、言われたことしかできない人材より応用力・対応力を持った人材の方が将来、生き残れるような感じがする。 アウトソーシング会社や人材派遣会社の求人...

2018.03.24

 
関連タグ:
BPOをビジネスとしてお考えの方へ。特にIT系に強い会社なら、RPAやAIの分野を取り込んだ方が良いと推測できます。 基本的に効率の悪い業務を改善するために、社外にアウトソーシングし、コアなビジネスを伸ばすことがBPOの目的です。つまり、人の手を借りずコンピューターを使い、自動処理をしてくれる方が、正確な仕事をしてくれます。 今いる人材を仕事に借り出して、目先の利益を追求するのではなく長いスパ...

2018.03.23

 
関連タグ:
topへ
© RPA.biz