■サイト内検索:
RPA Biz
RPA Biz >> RPA

RPAについて

RPAとはRobotic Process Automation(ロボティクスプロセスオートメーション)の頭文字をとったものであることは、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。でも「RPA」という言葉は知っていても「何をしてくれるツールなの?」、「導入することでどんなメリットがあるの?」ということまではわからない方が多いのではないでしょうか。

 

RPAとは簡単にいうと、パソコンのなかに住んでいるロボットが、人間に代わって定型業務など一部の作業を行ってくれるツールのことをいいます。実在があるわけではないため、「仮装知的労働者(Digital Labor)」と呼ばれることもあります。彼らは与えられた業務をミスなく、効率的にしかも人間が行うより短い時間で行うことができるため、コスト削減や業務効率化に大いに役立ってくれます。

 

RPAそのものは概念であり、実際にRPAシステムを構築するためには、各種ツールの調達が必要となります。

現在、RPAツールとして世界的シェアの高いものとしては、

 ・BluePrism

 ・UiPath

 ・Automation Anywhere

が挙げられます。

 

ただし、日本に限って言えば、

Automation Anywhereのシェアが低く、代わりにBizrobo!またはWinActorを入れるべきでしょう。

目次 RPAの導入・運用保守コスト RPAライセンス費用 人件費 RPA専用端末やサーバ等のハードウェア費用 メンテナンス費用(保守を外注する場合) RPA導入効果の試算ポイント RPA導入における人件費削減効果の事例 さいごに         最近では大企業のみならず、自治体や中小規模の...

2018.11.02

 
関連タグ:
    ◆RPA化において考慮すべき点 人間が行っているような単純作業においては絶大な威力を発揮するRPA化ですが、 システムを導入するにあたって、利益の追求や効率化を計るだけではなく、 他にも考えないといけないこと、というのはたくさんあります。   その中の一つにシステムのリスクマネジメントがあります。   多くの場合はロボットの性能や効率化に重きを置きがちで、 ITガバナン...

2018.11.01

 
関連タグ:
目次 案件リストの準備 クライアント毎の請求書作り 応用編〜案件リストに全て情報を盛り込む必要はない〜 期待できる効果 事務員の転記により発生していた入力ミスがなくなった 請求書作成の時間が短縮された まとめ         今回の記事では、実際のところ、 RPAを使ってどのような業務がどの...

2018.11.01

 
目次 既存ITシステムとRPAの違い 既存システムはコストも時間もかかる 低コストで業務自動化ができるRPA 推進体制は横断的に 部門や事業所単独では失敗しがち 横断的に進める IT部門の役割 RPAツール選定のポイント 対象業務の選定-かき集めて工数削減効果を捻出する トライアルの重要性 むすび  ...

2018.10.26

 
関連タグ:
目次 中小企業はIT化が進んでいない RPAは低予算で簡単 中小企業こそRPAが必要 実際の中小企業におけるRPA導入 まとめ         2017年度はメガバンクがRPA導入による業務量の大幅な削減、 そして、それに伴う大幅な人員削減がニュースになりました。   メガバンクに限らず、多くの大...

2018.10.22

 
目次 SaaSでサービスを提供するクラウド型RPAツールです! クラウド型だから、他の作業のバックエンドでロボットが稼働し続けます! 既存RPAツールと共存できるツールです!         株式会社チュートリアルのCEO福田志郎 氏(左)と、同社エンジニアの岩渕悠祐 氏     RPAツ...

2018.10.19

 
目次 法人税 (1)会計ソフトからの会計データエクスポート (2)税務申告に必要な勘定データの抽出(ワーキングペーパーの作成) (3)申告書作成ソフトへの転記 (4)未払法人税等の記帳 (5)申告情報(申告のお知らせ)のダウンロード・保存 消費税 (1)申告基礎データの取得 (2)未払消費税等の記帳 (3)申告情報(申告のお知らせ)の...

2018.10.15

 
関連タグ:
  言うまでもなく、どんな企業にとってもRPAを導入するには、 まず「どんな業務をRPA化する」のかを明確にしなければならない。   つまり、RPA対象業務の選定だ。   RPAが得意なものとして、 パソコンを使った「大量重複している作業」と「ルールが明確している作業」というものがある。     では、企業の中にこの二つの特徴の...

2018.10.10

 
関連タグ:
大手外資コンサルファームに所属していた筆者が、 某大手生命保険会社にRPAを導入した際の導入事例・体験談をまとめます。     利用ツール 使っていたRPAツールは「Blue Prism」でした。 大手企業であれば、かなり値段は張るものの、機能性に優れる「Blue Prism」の利用は間違いありません。   クライアントが大手企業ともなると開発エンジニ...

2018.10.10

 
関連タグ:
目次 RPAとは? 業務の見える化をする 専任の担当者を立てる 計画的なコストを見ておく RPA導入前に考えておくことのまとめ         ホワイトカラーの現場を中心に、 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の活用が広がっています。   人材不足、働き方改革といったキーワードの改...

2018.10.05

 
  先日、Business Insider Japanの 「電通の働き方改革担う「ロボット人事部」—— 600工程の効率化はロボット“だけ”では無理」 という記事を読みました。(記事はこちらから)     ロボット人事部って何?    " 「ロボット人事部がなければ、RPAはブームで終わりかねない」と指摘する人がいる。全社を挙げて働き方改革に取り...

2018.10.02

 
関連タグ:, ,
  <目次>   ■大手外食企業が進める“働き方改革”   ■RPA導入に向けた調査開始   ■RPA導入の流れ   ■RPA導入実績のまとめ   ■RPA導入に関する所感   ■まとめ           「働き方改革」という言葉はニュース...

2018.09.28

 
RPAとホワイトカラー業務の課題     企業において、業務効率化は至上命題のひとつではあるものの、 比較的小粒の業務についてはコスト面および対応のしづらさから、人手に頼っている部分が多く残っています。     多くのコンサルティング会社は、 企業のバックオフィス部門の生産性向上と人的資源の有効活用を推進するため、 RPA(Robotic ...

2018.09.27

 
  近年、日本のRPA市場が急速に成長していることは言うまでもない事実ですが、 今回のコラムでは、中国のRPA市場発展を紹介していきたいと思います。   この数年間の中国では、モバイル決済、シェア経済などを始めた 「インタネットプラス」産業が急速に発展し、 いくつかの業界から言うと世界のトップランクになっていると言っても過言ではありません。   Ten...

2018.09.21

 
関連タグ:,
RPAツールの提供形態は、大きく分けて「開発型」「オンプレミス型」「クラウド型」の3つに分かれています。   これまで、多くのRPAツールは、オンプレミス型として提供されており、 一部が開発型で提供されていました。 しかし最近では、RPAの機能をクラウドサービスとして提供するクラウド型も増えてきています。   そこで、RPAのクラウド化はどこまで進んでいるのか、 ...

2018.09.13

 
関連タグ:
topへ
© RPA.biz