■サイト内検索:
RPA Biz
RPA Biz >> 働き方改革

働き方改革

少子高齢化に伴う労働人口の減少や長時間労働など、私達を取り巻く労働環境は日々多くの課題を抱えています。

こうした社会問題解消へ向け政府が推進する「働き方改革」によって、企業もその対応に迫られています。

 

企業・従業員の双方にメリットのある働き方改革を行うには、1人あたりの仕事量を減らしつつ、

価値の高い業務の割合を増やすことが最も重要です。

こうしたニーズに対し、RPAというソリューションは、まさにうってつけです。

 

日々の定型作業をロボットに任せることで業務量を大幅に圧縮でき、

人がクリエイティブな業務にシフトできるので、企業活動もより積極的になります。

 

加えて労働者の負担が減り、多様化した就業スタイルにも対応しやすくなるため、

RPAはワークライフバランスの実現にも効果が期待されている強力なツールです。

 

人材不足が叫ばれる昨今、働き方改革なしに生き残れる会社はないと言っても過言ではないでしょう。

となれば、働き方改革の急先鋒である「RPA」を取り入れない手はありません。

 

昨今、にわかに「RPA」が各メディアで取り上げられ始めたのは、

そうした時代の背景、ニーズとマッチしているからに他ならないのです。

働き方改革とは   ここ数年、世間では「働き方改革」が注目を集め、多くの会社が労働環境を改善しようと試みています。 「働き方改革」とは、政府の重要政策の中の一つで、多様な働き方が可能となる社会を作っていこうとする動きです。日本では少子高齢化により、労働力不足が大きな課題となっています。そのため、現在の働き方、労働環境を改善して、様々な働き方を推進していくことにより労働力不足を解消することが必...

2019.06.17

 
関連タグ:
5月8日(水)~10日(金)にかけて、東京ビッグサイト(青海展示場)にて開催されたAI・業務自動化展にブースを出展しておりました。足を運んでいただいた皆様、ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。ブースにて資料を配布しておりましたが、当初用意していた数よりも多くの方に受け取っていただき、2日目が終わった後に増刷するということも起きました。 弊社ブースではモニタに紹介文やデモ映像な...

2019.06.06

 
関連タグ:
3月26日、富士通株式会社(以下富士通)は埼玉県庁の15業務に対して、自社開発のRPAツール「FUJITSU Software Interdevelop Axelute(インターディベロップ アクセリュート)」の導入を支援したと発表しました。   埼玉県がRPAを取り入れる理由 “埼玉県では、新技術の導入による県庁のスマート化に取り組んでいます。その一環として、事務処理を自動化...

2019.04.04

 
関連タグ:
昨年10月に株式会社イデア・レコード(以下イデア・レコード)がマーケティング支援を含む店舗型ビジネス向けの業務支援プラットフォーム「G.A.T.E(ゲート)」の開発およびテスト運営にあたり、株式会社コラボス(以下コラボス)と協力して実証実験を進めると発表がありましたが、ついに実証実験を開始したと発表がありました。     参考記事 https://prtimes.j...

2019.04.01

 
関連タグ:
ソフトバンクのRPA「SynchRoid(シンクロイド)」
   RPAソリューションツールといえば、株式会社エヌ・ティ・ティ・データが提供する国内シェアNo.1の「 WinActor ®」やRPAテクノロジーズ株式会社の提供する「BizRobo!」がありますが、通信キャリアのソフトバンクもその1社で、「SynchRoid(シンクロイド)」というRPAソリューションを法人向けに販売しています。   「SynchRoid(シンクロイド)」...

2019.03.29

 
関連タグ:
本コラムでは、前回内容から続いて、自治体へRPAを導入する時の注意点、要諦について述べていきます。 今回が一連のシリーズの最後になりますが、前回のコラムを参照したい方は以下をご覧ください。   https://rpa-biz.com/?p=1419   前回、前々回のコラムでは、自治体におけるRPA導入のポイントとして、 「RPAを入れる前に業務フローを変えよ」と 「手書き申請からの...

2019.02.22

 
関連タグ:
本コラムでは、前回コラムの内容から引き続き、自治体におけるRPA導入のポイント、最大限の効果を狙うための要諦について述べていきたいと思います。 前回のコラムを参照したい方は以下をご覧ください。   https://rpa-biz.com/?p=1408   前回のコラムでは、自治体におけるどのような業務がRPAの対象となりうるのか、「窓口業務」と「内部管理業務」に分けて列挙し、...

2019.02.21

 
関連タグ:
  本コラムでは、2017年頃から活発化し、 まさに近年大きなトレンドとして勃興している自治体向けRPAの導入Tipsについて述べていきたいと思います。   実際の地方自治体の導入事例については以前書いたコラムをご参照ください。 そちらではつくば市や京都府といった先進的な自治体における取り組み事例について報道資料を基に考察しています。   https://rpa-...

2019.02.20

 
関連タグ:
[toc]         【前回の記事はこちらから】 https://rpa-biz.com/?p=3166         <組織開発と人材開発の違い>     人材開発が着目するのは「その人」「個人」であるのに対して、組織開発が対象とするのは人と人との「関係性」...

2018.12.13

 
関連タグ:
 日本経済再生に向けて、働き方改革がなされている今、働き方改革について学ぶとともに、 それらの動きからRPA(Robotic Process Automation)を生かしていく方法について検討していきたいと思います。   働き方改革とは?  首相官邸「働き方改革の実現」の冒頭には、   “働き方改革は一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な動き方を可能とするととも...

2018.08.03

 
関連タグ:
「10~20年後、日本の労働人口の約49%が、技術的には人工知能等で代替可能」。 株式会社野村総合研究所が2015年に発表したこの調査結果は、働く人々にとってかなり衝撃的なものでした。 あくまで試算だとは言われても、「自分の仕事がいずれロボットに奪われてしまうかもしれない。」という不安を感じた方は多いのではないでしょうか。 しかし、必ずしも「ロボットが人間の仕事を奪う」とは言い切れません。 ...

2018.05.17

 
関連タグ:
現在日本国内の企業では「働き方改革」を推進すべく、生産性向上への取り組みが進んでいます。このような中で、定型業務を中心としたバックオフィス業務の効率化に取り組む企業が急激に増えています。 そこで今回のコラムでは、業務効率化の側面から注目されているRPA(Robotics Process Automation)と特に親和性の高いとされる、人事部門の業務にフォーカスし、RPAの導入シーンについて紹介...

2018.05.15

 
関連タグ:
働き方改革とは、どういった政策なのでしょうか。今、行っている企業の取り組みは、日本が実現したいビジョンに即しているものなのでしょうか。雇用主と社員との間の中で、意識の差は? 働き方改革の背景を知ることで、国民一人ひとりが意識を変えなくてはいけないこともあるはずです。毎日の繰り返しではなく、意図を持った行動に繋げていきたいでうね。それは、自分自身を守ることになるのだから。   働き方...

2018.04.14

 
関連タグ:
働き方改革を推し進める上で、どうしても目に行きがちなのが業務に関することです。業務が減らないのに残業が制限されてしまうと様々なところで声が上がっています。 仕事効率化や業務改革などを行い、一人ひとりの労働時間を短縮させることができれば、残業時間の短縮も現実的です。しかし、残業時間規制など単純なルール変更では、仕事タスク量も減らずに時間だけが短縮され、結果的に誰かが背負うことになります。 それが...

2018.04.13

 
関連タグ:
働き方改革という言葉が世間を賑わしており、日常会話にも出てくるようになりました。英会話や英語を学んでいる人からすると、どのように言えば良いのか気になりますね。 また、英訳すると言葉の意味合いも違った形で見えてきます。そして、気になるのは英語をマスターすれば、自身の働き方改革が進められるのでしょうか。 併せて考えていきましょう。   働き方改革は英語で「work style ref...

2018.04.11

 
関連タグ:
topへ
© RPA.biz