■サイト内検索:
RPA Biz
RPA Biz >> 業務改善・効率化

業務改善・効率化

企業活動の活性化を目指す多くの企業とって最大の懸案事項は、従業員一人ひとりの生産性を向上させることです。

そして日々の単純作業に従業員が忙殺されている状況は、本人・企業双方に大きな不利益をもたらします。

こうした業務改善・効率化に着手する際の効果的なシステムとして、近年RPAは大きな注目を集めています。

データ集計/入力や定期レポート作成業務の多くは、作業こそ単純ながらもその業務量は膨大かつ精密性を求められるので、対応には人員と多くの時間を割かなければなりません。そんな定型業務をロボットで自動化することで、既存のシステムを変えることなく、より正確で効率的な作業を期待できます。また業務の過程がアルゴリズムのような形で可視化されるため、透明度の高いプロセスを作り出し、内部統制の観点からもプラスの影響がもたらされます。業務改善やBPRを遂行する上で、RPA導入はその大きな手助けとなるでしょう。

 

単純作業、定型作業はロボットが、

高度な作業、高度な判断のいる作業は人間が行い、

社員の労働の付加価値を高めていくことが求められています。

 

今はまだRPAロボットのできる範囲は限られていますが、

それでもパソコンを使用している企業にはRPAで効率化できる部分が必ずあります。

 

さらにRPAロボットの可能性が広がったとき、

時代の潮流に取り残されないためにも、今から導入を検討する必要があります。

 今までのコラムでは、中小企業経理業務のRPA活用事例を紹介しましたが、今回は異なる視点でRPAの活用を見ていきたいと思います。   https://rpa-biz.com/?p=1311    業界や具体的な業務にかかわらず、RPAが最も得意な業務は大まかに二つ共通の特徴があります。   すなわち、 ①大量に繰り返される作業 ②ルールが明確化されてい...

2018.08.09

 
関連タグ:
この記事では私が、自分が勤める会社にRPAを導入し、運用を始めた一連の流れを書きます。   私の実体験になりますので、思いがこめられすぎて、少し読みにくい部分もあるかもしれませんが、熱が伝われば幸いです。     ”私”について  社会人歴約14年。営業中心。  最新技術はとても興味あり、広範囲に収集。  プログラミングは早々に挫折。せいぜいがエクセル関数を駆使...

2018.08.02

 
関連タグ:
今回の記事では、業務のRPA化を行うための設計書を記載する際にどのような点に気をつければよいかをまとめます。   特にRPAのエンジニアではない人がRPAのロボットの設計書を作成する際に理解しておきたいポイントを中心に記載します。   そもそもRPAのための設計書ってどんなものなの?と思う方もいるかも知れませんが、 RPAの場合は通常のソフトウェアの開発よりも簡易的な...

2018.07.31

 
関連タグ:
交通費の計上は、どのように取り組んでいますか?   「RPA」という言葉を聞いて、どのようなことをイメージしますか?   実際に「RPA」に関わっている人は具体的なイメージを持っておられるでしょうが、 初めて「RPA」という言葉を聞く人からすれば、   「また新しい言葉が出てきたけど、もてはやすだけもてはやして、今回もきっとそのうち消えていくのだろう」 &nbs...

2018.07.17

 
関連タグ:
RPAを導入して業務を自動化することで、 「労働時間や業務コストの削減を実現できた」 「定型業務に携わっていた人材を知的生産業務へと振り向けることができた」 など、さまざまな企業でRPA導入の成果がうたわれています。   その反面、RPAの導入に失敗する例も数多く存在します。   失敗の原因を大きく分けて考えると、 「RPA導入時の問題」と「RPA導入後の運用時...

2018.07.09

 
関連タグ:
DeNA社は、非金融企業としては、いち早くRPAを導入した企業の1つです。   本稿では、DeNA社によるRPA導入をRPA業界からの視点でお届けしたいと思います。     DeNAとは――なぜDeNAが“RPA”か 株式会社ディー・エヌ・エーは、1999年3月に設立されました。 当初は「ビッダーズ」というオークション&ECサイトを運営していました。 ...

2018.07.06

 
関連タグ:
今回の記事では、実際にRPAを導入することで現場の業務がどのように変化するかを具体例を交えてご説明したいと思います。   読者の方は、RPAが導入された後の業務がどのように変わると考えているでしょうか。   ロボットが完全に業務を独り立ちで実行し、もともとの業務担当の方が不要になり、 人の目によるチェックが全くない状況をイメージしているでしょうか。  ...

2018.06.22

 
関連タグ:
今回のコラムは、前回の内容を受け、製薬業界のBPR施策における4領域のうち後半の残り2つについて説明していきます。前回コラムを参照したい方は、下記のリンクをご覧ください。   医療業界におけるBPR機会とRPA活用(製薬業界)<2>   前回コラムからの復習になりますが、BPRの施策は大別すると以下の方向性に整理できます。 Consolidation(集約化) Simplifi...

2018.06.07

 
関連タグ:
今回のコラムは、前回の内容を受け、主に製薬業界についてのBPR施策の方向性を事例と一緒に挙げていこうと思います。前回コラムについては下記のリンクをご参照ください。   医療業界におけるBPR機会とRPA活用(製薬業界)<1>   まず概略から入りますが、業務改善、つまりBPRの施策というものは方向性として以下4つのカテゴリーに集約されます。近年話題になっているRPAは、...

2018.06.06

 
関連タグ:
「10~20年後、日本の労働人口の約49%が、技術的には人工知能等で代替可能」。 株式会社野村総合研究所が2015年に発表したこの調査結果は、働く人々にとってかなり衝撃的なものでした。 あくまで試算だとは言われても、「自分の仕事がいずれロボットに奪われてしまうかもしれない。」という不安を感じた方は多いのではないでしょうか。 しかし、必ずしも「ロボットが人間の仕事を奪う」とは言い切れません。 ...

2018.05.17

 
関連タグ:
    去る5/9~5/11、東京ビッグサイトにて「2018 Japan IT Week」が催行されました。 その中でも、「AI・業務自動化展」はRPAと関連性の高い企業がブースを開いており、大変興味深い内容となっておりました。 今回は、その「AI・業務自動化展」で筆者が回った企業と展示内容を少しずつですが紹介して行きたいと思います。 ※あくまで筆者が気になった部...

2018.05.15

 
関連タグ:
業務効率化、生産性向上、働き方改革。この類のワードを仕事中や日常生活などで目や耳にする機会が増えてきたと感じる方は多いのではないでしょうか。(業務効率化、働き方改革の必要性などの概要は、当Webサイトの「業務改善/効率化」「働き方改革」カテゴリー内を参照いただければと思います。) 業務効率化などのためのRPA導入事例で、「仕事時間が6分の1に」「8割以上の工数削減」「事務作業削減効果最大5,00...

2018.05.14

 
関連タグ:
業務改善を検討している中小企業へ朗報です。最低賃金を引き上げる名目の助成金が受けられることをご存知でしょうか。時給の引き上げ額によって、助成金の額も変動しますが、50万円~200万円もの金額を国からの援助を受けることができるのはとても嬉しいですね。 業務改善の中でも助成金が申請できるものとそうでないもの分かれます。ちょっとわかりにくい業務改善助成金についてまとめました。   業務改...

2018.04.12

 
関連タグ:
BPRとは、いったい何でしょうか。業務改革のことで、業務改善とは違います。BPRは略称で、「Business Process Re-engineering(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)」が正式名称となります。 BPRの基礎と業務改善との明確な違い、メリットやBPRを成功させるために必要な要素をまとめました。   業務内容だけでなく組織や戦略まで根本的に改革 BPRは、単...

2018.04.11

 
関連タグ:
業務改善と同様に、業務効率化のツールが必要になってきています。無駄を省き、時間や人のリソースを集中させ、利益を最大化させるために体制の変更業務の見直しだけでなく、ツールを導入することで、必要不可欠な業務に携わる時間を短縮することができます。 そうすることで、取り組む時間も増え、生産性をアップさせることができます。ITを使ったツールから、すぐ作り上げることのできるテンプレートまで、様々です。 今...

2018.04.09

 
関連タグ:
topへ
© RPA.biz