■サイト内検索:


RPA Biz > RPA > 【入門】話題のRPAツール「UiPath」で”Hello,world!”を出力する

【入門】話題のRPAツール「UiPath」で”Hello,world!”を出力する

2018.05.29

今回はUiPathの入門として、まずは”Hello,world!”を出力していきたいと思います。

基本的にはやることは単純で分かりやすく、簡単です。

では始めて行きましょう!

1.まずは空のプロジェクトを作る

[Blank]をクリックして空のプロジェクトを作成します。

そして[Name]にプロジェクト名を入力して、[Create]をクリックしてください。

今回は”hello_pro”と入力しましたが、実際に行う際にはどんな名前でも構いません。

 

 

2.アクティビティパネルから[Flowchart]をドラッグ

次に、アクティビティパネルと呼ばれる、左上のパネルから[Flowchart]をドラッグしてください。

もしも見つからない場合は、左上の検索パネルに「Flowchart」と入力してください。

 

 

3.アクティビティパネルから[Message Box]をドラッグし、矢印をつなぐ

次にアクティビティパネルから[Message Box]を先ほどの[Flowchart]の中にドラッグします。

[Message Box] が見つからない場合は左上の検索パネルに「Message Box」と入力してください。

(注)UiPathでは大文字と小文字は区別しないですが、空白を認識します。

ですので、間違えて「messagebox」と入力しないようにしてください。

message boxなら検索することができます。

ドラッグすることができたら、次にスタートボタンから矢印を伸ばして[Message box]につないでください。

 

 

4.[Message Box]に”Hello,world!”と入力

“Hello,world!”と入力してください。この時に””(引用符)をつけるのをわすれないようにしてください。

 

 

5.左上のランボタンから実行

左上の小さいランボタンから実行することができます。

また、F5ボタンでも実行することができます。

 

 

正しくメッセージが表示されたでしょうか。

エラーが出た場合は引用符が二つはいっているかどうかなど、注意してみてください。

 

まとめ


今回は初めの例として”Hello,world”を出力してみましたが、いかがだったでしょうか。

これから、フローチャートやシーケンスを使ってもう少し複雑な作業をしていくなかで、

メッセージを入力することは必須になるのでよく見て慣れておきましょう。

初めて使う方にはアクティビティを色々みていくのもいいことだと思います。

 

topへ
© RPA.biz