■サイト内検索:
Japan IT Week【春】後期 2019年5月8日(水)〜5月10日(金)@東京ビックサイトAI・業務自動化展 にてRPA導入無料相談会開催!当日の優先ご予約受付中!!不動産・地方自治体・金融・ECなど広くご相談いただいています!!
 

RPA Biz > RPA > RPA導入前に知っておきたい。Googleスプレッドシートを使った業務自動化サポート

RPA導入前に知っておきたい。Googleスプレッドシートを使った業務自動化サポート

2019.04.05

RPA Googleスプレッドシート

 

先日、4月1日に「働き方改革」における、時間外労働(残業)の上限規制や、年次有給休暇(年休)の年5日取得義務化などを盛り込んだ改正法が施行されました。

これにより、社員の作業時間がより貴重なものになっているのではないでしょうか。

 

単純作業の時間短縮にはRPA

 

そこで、登録作業など単純な作業の時間短縮に大きく貢献するのがRPA(Robotic Process Automation)です。

このRPAパソコン作業上の定型作業をソフトウェアによって自動化することが出来ます。

これにより、顧客リストの登録など、人の判断を必要としない作業を決まったルールに則り自動で行ってくれます。

そのため、ミスの回避や時間削減だけでは無く、単純作業に追われていた人材を育成し、更に高いレベルの作業へ回すことが出来ます。

すでに様々な企業が取り入れていますが、地方自治体でも取り入れたとの声も聞こえてくるほど、あらゆる場面でなくてはならないものになってきているのではないでしょうか。

 

 

しかし、一方で未だに導入していない企業も多いのも事実です。

実は、RPAは導入する段階で業務データやフローをある程度整備しておかなければ重大なエラーが発生することもあります。

個々の持つデータをある程度整備し、まとめておく必要があるのです。

 

Googleスプレッドシートを使った業務自動化サポート

 

そこで、株式会社ショーケース・ティービーは、業務効率化を促進するためGoogleスプレッドシートを使用して業務自動化を図るサービスを発表しました。

 

当サービスは、企業が大量に保有する業務ExcelファイルをGoogleスプレッドシートで一元化し、自動化プログラムのスクリプトを書き込みクラウド上で、管理できるようデータの最適化を行います。これにより個別で保有していたデータを関係者間で共有することが容易となり自動加工、編集処理により誤入力することもなくなり業務効率化を実現できます。
当社は業務自動化において、RPA導入を提案してまいりましたが、多くの企業様が、導入前の段階で業務データやフローの整備が必要なケースが明確となり、スムーズに自動化を進めることができないケースが多々見受けられました。
そこで、RPA導入前にGoogleスプレッドシートで必要なデータの最適化を行い簡単な業務自動化サポートをご提案するに至りました。
最適化されたデータを利用することで、スムーズにRPA導入を進めることが可能になります。”

 

上記のように、やはり導入前の段階でつまずいてしまうケースも多々あったようです。

Googleスプレッドシートはオンライン上で誰でも簡単に閲覧編集ができるので、個別に持っているファイルをやり取りする手間も省け、簡単に情報の統合が出来そうですね。

 

更に、同社は手軽なコストで導入できるということも強みにしているようです。

価格設定やサービス内容は以下のようになっています。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これから様々な場面でRPAの技術が見受けられるようになって行くと思います。

今回、ご紹介したような導入前段階のツールも充実していけば、皆さんの生活の中にRPAがあたり前にある世の中になる日も近いのでは無いでしょうか。

 

 

参考ページ

https://www.sankeibiz.jp/workstyle/news/190402/ecd1904020500002-n1.htm

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000003483.html

 

Japan IT Week【春】後期 2019年5月8日(水)〜5月10日(金)@東京ビックサイトAI・業務自動化展 にてRPA導入無料相談会開催!当日の優先ご予約受付中!!不動産・地方自治体・金融・ECなど広くご相談いただいています!!
topへ
© RPA.biz