■サイト内検索:
Japan IT Week【春】後期 2019年5月8日(水)〜5月10日(金)@東京ビックサイトAI・業務自動化展 にてRPA導入無料相談会開催!当日の優先ご予約受付中!!不動産・地方自治体・金融・ECなど広くご相談いただいています!!
 

RPA Biz > その他 > 仙台市 行政事務におけるRPAツール利用の有効性を実証

仙台市 行政事務におけるRPAツール利用の有効性を実証

2019.03.08

仙台市は株式会社NTTデータ東北と、2019年1月28日、仙台市の行政事務にRPAツールの利用が有効であることを発表しました。

 

 

仙台市は昨年9月に、NTTデータ東北と、行政事務におけるRPAツール活用の有効性確認の実証に関する協定を締結しました。11月までに行政事務にRPAツール「WinActor」を適用した場合の改善効果を検証することが協定されました。適用業務は6業務を選定し、以下になります。

 

  • 労務課:アルバイト雇用保険料の集計
  • 情報システム課:庁内LAN端末の脆弱性対応に係る周知作成
  • 情報システム課:庁内LANにおけるウイルス検知端末のネットワーク切断
  • 財政企画課:ふるさと納税寄付者発送関係資料の作成
  • 財政企画課:ふるさと納税統計しりょうの作成
  • 財政課:収入支出予定データの集約と会計システムへの入力

 

出典:NTTデータ東北

参考:https://www.nttdata-tohoku.co.jp/newsrelease/20180914.html

 

 

 

検証の結果として、検証対象となる6業務の業務は全部70%以上の作業時間削減率を得られました。特に、労務課のアルバイト雇用保険料の集計業務は、90%の高い作業時間削減率を達しました。

 

さらに、情報システム課の「庁内LANにおけるウイルス検知端末のネットワーク切断」業務については、「ロボットが職員に代わってウイルス検知メール受信を常時監視し、有事の際には決められたルールに則って処理を行う」というシナリオを作成・検証し、職員の手を介さずに迅速かつ正確な対処が可能であることが確認できました。

 

 

 

職員アンケートによると

 

作業そのものを見直すきっかけとなり業務改善につながる

 “一般的なシステムに比べて容易に導入が可能である

 

など好評を得られました。

 

 

 

今回の実証おいて、RPAツールの従来の作業時間削減効果を確認しただけではなく、RPAツールの新たな使用手法の有効性を確認しました。これからも、新たなRPAツール活用手法を位置付けることができるでしょう。

 

 

 

参考記事:https://it.impressbm.co.jp/articles/-/17366

 

 

 

 

 

Japan IT Week【春】後期 2019年5月8日(水)〜5月10日(金)@東京ビックサイトAI・業務自動化展 にてRPA導入無料相談会開催!当日の優先ご予約受付中!!不動産・地方自治体・金融・ECなど広くご相談いただいています!!
topへ
© RPA.biz