■サイト内検索:
 

RPA Biz > BPOアウトソーシング > アウトソーシングを英語では?意味や用例を知る。ビジネスシーンで活用

アウトソーシングを英語では?意味や用例を知る。ビジネスシーンで活用

2018.04.12

アウトソーシングは英語で何というのでしょうか。英単語の綴りは「outsourcing」となります。

アウトとソーシング、両方とも独立した意味を持つ単語で、「アウト=外部」、「ソーシング=資源利用」という2つから、外部資源利用となります。

そこから、外部委託という意味合いになります。もともと、組織内で行っていた仕事を外部企業へ業務委託する。または、外部からサービスとして購入する場合もあります。

 

アウトソーシングに近い言葉の英語は?

アウトソーシングは、外部委託のことです、人材派遣とは違います。ちなみに、人材派遣は「Temporary staffing(派遣労働者)」や「temp agency(派遣会社)」という形で英訳できます。

なお、アウトソーシングには、国内・国外の両方とも考えられます。外国への外部委託の場合、オフショアリング(Offshoring)として使われます。

 

英語のボキャブラリーを増やせばビジネス会話で活用広がる

ビジネス用語を覚えれば、会話でかなり役に立ちます。ボキャブラリーも増え、正確な意味合いの言葉を伝えることができます。正確に伝えるだけでなく、ミスコミュニケーションを防ぐことができます。

アウトソーシングを行う場合、契約が必要不可欠です。英語の契約書など読めるようになっておくと、トラブル回避にも繋がります。一般常識だけでなく、仕事上でも必要になるため、活用できるようになりましょう。

 

まとめ

アウトソーシングの英訳と、それにまつわる言葉をまとめました。元々アウトソーシングは、「アウト」と「ソーシング」の2つの単語からなっており、外部の資源利用というところから、外部委託という言葉が使われます。

ちなみに、海外にアウトソーシングする場合は、オフショアリング(Offshoring)とも言われており、正確に覚えておきたいですね。

一般常識としてもビジネス用語としても知っておくと役に立つでしょう。

topへ
© RPA.biz