■サイト内検索:
Japan IT Week【春】後期 2019年5月8日(水)〜5月10日(金)@東京ビックサイトAI・業務自動化展 にてRPA導入無料相談会開催!当日の優先ご予約受付中!!不動産・地方自治体・金融・ECなど広くご相談いただいています!!
 

RPA Biz > RPA最新ニュース > 中国の大手会計事務所がRPA導入、税務表作成時間大幅短縮

中国の大手会計事務所がRPA導入、税務表作成時間大幅短縮

2019.01.25

 

日本でRPAの市場が盛り上がっている。

 

 

中国の市場では、RPAソリューションの導入の働きも本格化している。

 

その原因は、近年中国国内の人件費の急騰である。

中国国家統計局によると、中国国内の平均月額賃金は2013年以降、毎年10%前後の割合で伸びている。

その人件費の高騰に伴い、業務効率化やコスト削減は企業に向かって重要な課題になってきた。

 

その中で、特に注目を浴びているのは中国4大会計事務所の一つ「立信会計士事務所」のケースである。

 

 

 

立信会計士事務所とは


 

中国の大手会計事務所として、立信会計事務所は約10,000人の従業員を抱え、中国国内には33の拠点がある。

その顧客は中国の上場企業のほぼ4分の1をカバーし、各顧客の税務処理などを請け負っている。

 

このような多い人数の従業員がいるため、事務所の人件費は非常に膨大で、コストを削減するのは非常に大きな課題である。

 

立信会計事務所の徐呈ITシニアマネジャーの話によると、事務所に対する最大のコストは人件費である。

 

われわれにとって、最大のコストは人件費だ。これからも上がることを想定すると、もっと収益を上げていかなければ、上昇のスピードに対応できなくなる可能性があり、場合によってはライバルの会計士事務所に優秀な従業員を奪われてしまうかもしれない

 

 

 

 

導入経緯


 

2018に、立信会計事務所はKDDI上海を通じてRPAソリューションを導入した。

適用した業務範囲は主に税務当局に提出する大量な顧客会社の税務表作成業務である。

 

RPAの導入による、一つの税務表を作成する時間は導入前の約1時間半から導入後の3、4分に大幅短縮できたといわれている。

 

ITシニアマネジャーは以下のような導入効果説明をした。

 

たくさんの時間がかかる簡単でつまらない仕事をRPAに任せることで、社員をより価値のある仕事に当たらせることができるようになった。

 

 

 

 

立信会計事務所は今後も、今までの導入で積んだ経験を基づいて各拠点にRPAソリューションの導入を広げ、より大きな業務効率化とコスト削減効果が期待される。

 

 

 

参考記事:https://www.weeklybcn.com/journal/news/detail/20190121_165985.html

 

 

 

 

 

 

Japan IT Week【春】後期 2019年5月8日(水)〜5月10日(金)@東京ビックサイトAI・業務自動化展 にてRPA導入無料相談会開催!当日の優先ご予約受付中!!不動産・地方自治体・金融・ECなど広くご相談いただいています!!
topへ
© RPA.biz