■サイト内検索:
 

RPA Biz > RPA最新ニュース > OCR不要の「BizRobo! Paper-free」を提供開始

OCR不要の「BizRobo! Paper-free」を提供開始

2018.11.19

参考記事)スカイコムとRPAテクノロジーズ、OCR不要のBizRobo! Paper-free

 

 

 

RPAテクノロジーズ株式会社(以下「RPAテクノロジーズ」)は、株式会社スカイコム(以下「スカイコム」)と協業を行い、新サービス「BizRobo! Paper-free」を2018年11月14日より提供開始しました。

 

 

 

「RPAテクノロジーズ」

RPAテクノロジーズはRPA業界最大手の一つである、RPAホールディングス株式会社(以下「RPAホールディングス」)の子会社であり、RPAのベーステクノロジーを提供している企業です。

 

 

RPAテクノロジーズが提供しているサービスの一つに「BizRobo!」があります。

 

従来の「BizRobo!」のサービスについて詳しく知りたい方は、以下の記事で細かく説明していますのでよろしければご覧ください。

 

 

【RPAツールの一角】BizRobo! とは

 

 

 

 

「スカイコム株式会社」

スカイコムは自社開発のPDF技術を保有する純国産のPDF産業メーカーです。

スカイコムが提供している製品シリーズには「SkyPDF」「SkyAgent」「SkyPAS」が存在し、それぞれの製品ごとに特徴があります。

 

 

 

その中でも、今回「BizRobo!」と連携するシステムは「SkyPDF」というサービスです。

 

「SkyPDF」は様々な状況に想定したオプション製品も提供しており、ワードやエクセル、パワーポイントなどへの変換やWindowsタブレットによる手書きの文字入力の補助など、他にも多くのオプション製品が存在しています。

 

 

 

 

 

「BizRobo! Paper-free」

そして今回新しく提供されるのが「BizRobo!Paper-free」です。

 

その内容は多岐にわたり、従来の申告書などの仕分け作業の代行業務だけでなく、その先のシステム管理から二次・三次利用に至るまでを人間の手から解放してロボットが代行してくれるという内容です。

 

 

(引用:RPAホールディングス株式会社、BizRobo!Paper-freeによる文書関連業務のデジタル化イメージより)

 

 

 

具体的な業務内容としては、経理業務などによる請求書からの記帳や紙媒体から電子データへの移行という業務内容が想定されます。

 

簡単に言うと「(紙をやめるなど)BPRを先にやろうぜ、そしたらRPA化しやすいからさ」というサービスのようです。

 

 

経理や税理の業務については以下の記事にて詳しく説明しております。

経理・税理の業務内容の中でRPAをフルに活用できる分野を説明しておりますのでよろしければご覧ください。

 

経理財務業務におけるRPA導入機会【vol.2】

 

 

 

さらに、筆跡鑑定可能なストローク情報を暗号化して保存する技術によって電子サインとしての機能も実装しているようです。

 

 

 

 

 

topへ
© RPA.biz