■サイト内検索:
 

RPA Biz > RPA基本情報 > 【「RPA」×「女性の働き方改革」】社会の RPA 活用ニーズと RPA スキルを身に付けた女性をマッチングする 「RPA 女子プロジェクト」とは?

【「RPA」×「女性の働き方改革」】社会の RPA 活用ニーズと RPA スキルを身に付けた女性をマッチングする 「RPA 女子プロジェクト」とは?

2018.11.09

目次

  1. 「RPA女子プロジェクト」とは?
  2. RPA女子プロジェクトの目的
  3. 「RPA女子」のサービス概要
  4. 「RPA女子」になる為には?~IT初心者の女性でも学べる充実した教育コンテンツ~
  5. 「RPA女子」が描くキャリアステップ

 

 

 

 

 

最近RPA界隈を賑わせているキーワード「RPA女子」。

 

皆さんは聞いたことありますか?

 

 

今回のコラムでは、現在注目されている「RPA女子」の概要についてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

1.「RPA女子プロジェクト」とは?

RPA女子(※1)プロジェクト」とは、以下の4社が201857()より開始した、

RPAを活用したい企業や団体に対して、RPAスキルを身に着けた女性をマッチングすることで、

 

子育て・家族の転勤・介護等女性の復職を支援するためのプロジェクトのことです

(株式会社MAIA Webサイトより引用)。

 

 

RPAテクノロジーズ株式会社

 RPAのベーステクノロジー(BizRobo!)を提供

 

・株式会社MAIA

 RPA人材の教育及び現場支援のリーディングカンパニー

 

・株式会社Waris

 女性の復職支援のリーディングカンパニー

 

・株式会社ブイキューブ

 国内 Web 会議市場シェア No.1カンパニー

 

 

※1「RPA女子」とは、家事や子育て等でフルタイムでは働けないが、

仕事への意欲が高く、RPAに関する専門のトレーニングを積み、高いスキルを持った女性のことを言います。

 

 

 

 

2.RPA女子プロジェクトの目的

RPA女子プロジェクトが始動した目的としては、

RPA活用ニーズへの対応」と「女性の多様な働き方の環境整備」の2つがあります。

 

 

目的1: 「RPA 活用ニーズへの対応」

現在、日本国内においては、急速な少子高齢化に伴う労働生産人口の減少により、

全国の企業で働き方改革にともなう生産性向上の取り組みを行っています。

 

その取り組みの一つとして、今注目を集めているのが、RPAです。

 

 

しかし、注目が集まる一方で RPA を推進する人材の確保と育成が追いついておらず、

企業や団体が求めるニーズに応えきれていない現状があります。

 

 

目的2:「女性の多様な働き方の環境整備」

テクノロジーの進化により労働力の補完が行われているにも関わらず、

子育て・家族の 転勤・介護等により、貴重な労働力である多くの女性が、本人の望む形で働けない現状があります。

 

 

 

 

3.「RPA女子」のサービス概要

MAIA Webサイト(https://www.maia.co.jp/rpa-women)より

 

RPA女子」のメインとなるサービスはロボット構築支援です。

MAIA Webサイトによると、「RPA女子」のサービス内容は

「ライト」「スタンダード」「プレミアム」「セルフ」の4種類があり、

価格は「RPA女子」の支援時間によって異なるようです(300,000/月~)。

 

 

サービス内容は、以下のRPAツール/Web会議ツールのライセンスとロボ開発支援が含まれています。

 

 

BizRobo! BasicRPAテクノロジーのRPAツール)の開発ライセンス:1

V-CUBE(ブイキューブのWeb会議ツール)のライセンス:5

・「RPA女子」によるロボ開発  30H/月~

 

 

※「RPA女子」は企業のニーズに合わせて、遠隔リモート、時短常駐など様々な形式にてサービスを提供

 

 

 

 

4.「RPA女子」になる為には?~IT初心者の女性でも学べる充実した教育コンテンツ~

ここからは、「RPA女子」になることを検討されている女性の視点で、教育面での説明をしたいと思います。

 

 

・研修の対象者

研修対象者は下記のような方を想定しているようです。

 

・育児などの事情で離職期間があるが、少しずつ仕事を再開したい方

・配偶者の海外転勤等で離職し、現在海外在住の方で、完全リモートで仕事を再開したい方

IT経験は未経験でも問題なく、むしろ総務/人事/経理などの管理部門の実務経験者歓迎

 

・「RPA女子」になるためのプロセス

 

RPA女子」になる為には、研修を受講しOJTを経験してから、実際の仕事を行えるようになります。

 

・ステップ1:MAIAに「RPA女子」研修受講の申込

 

・ステップ2:オンライン研修の受講(約2030時間(1か月程度))

  研修内容:オンラインセミナー1回、演習問題12回、検定試験1

  受講料:定価100,000円(応募期間によっては割引がありそう)

 

・ステップ3:OJT(約60時間(1か月程度))

  研修内容:オンラインセミナー1回、デザイナーと一緒にロボット開発

 

・オンライン教育の内容

 

基本

 ロボットの作成方法:基礎的なロジックを使ったロボットの作成

 ループ処理:繰り返しができるロボットの作成

 条件分岐処理:場合分けができるロボットの作成

 ファイル作成:ファイルを作成できるロボットの作成

 

応用

 ファイルの読み込み:ファイルを読み込めるロボットの作成

 HTML解析:Webページの作りを意識したロボットの作成

 複数の条件分岐処理:指定した条件に合う情報を取得するロボットの作成

 任意のループ処理:複数ページの情報を持ち帰れるロボットの作成

 

発展

 基本・応用スキルの再確認

  交通費精算のチェックが行えるロボットの作成

  複数の条件指定に合う情報を取るロボットの作成

  キーワードをもとに複数サイトから情報を取ってくるロボットの作成

 エラーハンドリング:エラー発生時の判断ができるロボットの作成

 

実践

 他アプリケーションの操作

  メーラーからメール送信できるロボットの作成

  複数のファイルを操作できるロボットの作成

  Excelを直接編集できるロボットの作成

  PDFファイルを読み込めるロボットの作成

 

 

 

・「RPA女子」教育の特徴

IT初心者でも学べるコンテンツ ※2

RPAとは何かを教育の導入部分に配置

・プログラミング、HTML等初歩的なIT知識をインプット

・基本問題、応用問題は1問ずつテキストと動画を用意し、視覚的に把握しやすい工夫

・実践問題では、実際のプロジェクトケースを用いて実践力を高めていく

 

オンラインによるQA対応

・チャットやOnlineでの質問受付を実施

・理解度の高い女子が他の女子をサポート

 

オンラインコミュニティーの形成

・「RPA女子」をチャットワークやFacebookでグルーピング、相互連携を強化

 

実践的なOJT

 

その他

・定期的にRPA女子会を開き、意見交換

RPAに関する要望、新しいアイデアなどを発散

 

 

※2 研修内容としては、プログラミングの基礎から始めることができるため、

IT初心者の方でも短期間でスキルアップできそうな印象です。

 

 

 

 

事実、株式会社MAIAが行ったRPA女子プロジェクト実態調査によると、

RPA講習者の約50%がシステム開発未経験だったようです。

 

 

 

 

<参考Webサイト>

RPA女子プロジェクト実態調査/1RPA女子報告】 RPA講習者の約50%がシステム開発未経験だった!~RPAを学ぶ理由は、副業、現場の業務改善、子育てとの両立など多様~

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000035957.html

 

 

 

・研修受講者の募集について

1028日時点では第3期の募集が終了しており、第4期の募集が間もなく始まるようです

(既に、RPAプログラム講習を受講している人数は、2018年9月19日現在150名になり、

RPA女子」としてロボット開発から導入コンサルティングまで幅広く全国で活躍しているとのこと(MAIA Webサイトより))。

 

 

 

 

5.「RPA女子」が描くキャリアステップ

RPA女子」にはどのようなキャリアステップがあるのでしょうか。

 

MAIAWebサイトによると、キャリアのスタートはロボットの作り手(開発者)からとなります。

 

 

そして、ある程度ロボット作成のノウハウや経験が蓄積された後はコーディネーターとして、

 

ロボットのデザインを行うポジションに就くことができます。

 

 

最終的には、アドバイザーとして、どのような仕事をRPAで効率化できるか提案ができるようになります。

 

 

ここまで来たらもうRPA導入コンサルとやることが同じですね。

 

 

 

<「RPA女子」のキャリアイメージ>

  • ロボットの作り手

ロボットを自分で開発できる

  • コーディネーター

ロボットをデザインできる

ロボットの作り手のサポートができる

  • お仕事効率化アドバイザー

会社のどんな仕事が効率化できるか提案できる

 

 

 

<参考Webサイト>RPAエキスパート育成講座 | 派遣の仕事・人材派遣サービスはパソナ

https://www.pasona.co.jp/careerup/rpa.html

 

 

 

 

 

topへ
© RPA.biz