■サイト内検索:
 

RPA Biz > RPAのメリット・デメリット > 経理業務へのRPA導入によるメリット・デメリット ~導入事例を踏まえて~

経理業務へのRPA導入によるメリット・デメリット ~導入事例を踏まえて~

2018.10.04

目次

 

 

 

□ RPAとは

 

最近ではよく「RPA」というワードを耳にすることが増えてきました。

 

市場規模も年々上昇しているのがその要因にもなっているかと思います。

 

 

では、そもそも「RPA」とは何なのか、一言でいえば、「ロボ化」です。

 

これまで人が行ってきた業務を自動化、つまりロボットに代わりに行ってもらう

ということです。

 

 

 

□ RPA導入による仕事の展望

 

いろいろな著書でもこれからの時代において人が必要でなくなる職業ランキングなどが紹介されています。

 

どの著書のランキングをみても常に上位にランクインしているのが

税理士会計士そして、経理業務です。

 

 

 

□ 導入したい経営層、導入したくない現場

 

こんな今後の展望を聞くと会計業界で働いている方や

日常的に仕訳を手作業していた方にとっては耳が痛い話題なのはよく分かります。

 

 

「RPAを導入すると効率が上がる、便利だ、絶対に導入するべきだ」

 

 

こう思われるのは、経営者の方や管理監督者といったマネジメント層の方かと思います。

 

人件費が削減できるヒューマンエラーによる間違いが減るなど、

経営層にとっては願ってもないことが多く叶えられるのですから。

 

 

 

ですが、現場で実際に手作業をしている方や

プレイングマネージャーといった方にとっての効率化、利便性というのは「恐怖」が先にくるかと思います。

 

 

それは、

 

「もし効率化のためにRPAが導入されれば、仕事がなくなるかもしれない」

 

と誰しもが考えるからです。

 

そのため、導入をしたい経営層と導入したくない現場での意思疎通ができずに

なかなか導入するまでに行きつかないという悩みを抱える企業や経営者の方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

□ RPA導入のメリット

 

では、RPA導入のメリットやデメリットについて、ご紹介させて頂きます。

 

メリットは上記でも述べさせて頂いたところではありますが、

やはり効率向上による人件費の削減が大きなメリットだといえます。

 

 

大半の企業にとって人件費というのは

経費全体の中でもそれなりに大きな比率を占めているのではないかと思います。

 

管理部門は当然のことながら売上を上げなければ、

利益を生み出す部門ではありません。

 

 

 

また、人の手によって行われる業務というのはミスがつきものです。

 

そのためにダブルチェック、時にはトリプルチェックを行ってミスすることを未然に防ぐのは、

どんな仕事でもそうですが当然の予防策であるかと思います。

 

ですが、RPAによる自動化を行えば、これまで起こっていたヒューマンエラーはなくなります。

 

後述しますが、

メンテナンスは必要ですが、これまでの「ミスありきのチェック」は無くなるのです。

 

 

繰り返しますが、RPA最大のメリットは「効率化による人件費削減と正確さ」です。

 

 

 

□ RPA導入のデメリット

 

では、デメリットについてもご説明させて頂きます。

 

RPAのデメリットは何といっても導入するために必要不可欠なシステム構築です。

 

 

なかなか、自社でシステム構築から開発までを完結するのは難しいと思います。

 

そのため、アウトソーシングによるシステム開発を余儀なくされるため、

一時的な費用がどうしても発生します。

 

どういったシステム構築をするかによってではありますが、

まとまった資金が必要になるのは避けられません。

 

 

また、開発したシステムを自社で保有するのか、

保有せずにランニング費用を払いながらの運用するのか。といった選択もすることになります。

 

 

もう一点デメリットとして挙げられるのが、

システム構築するためには「人」が不可欠という点です。

 

 

システム構築が完了してしまえば、自動的に仕事は進みますが、

 

「どの仕事をどのような手順で最終的にどう完了させるのか」

 

というプロセスを考えるのは人なのです。

 

 

その点をクリアできるだけのシステムに強い人材が現場レベルにいるか

という点も導入するにあたってのデメリットといえるのではないかと思います。

 

 

ですが、費用的な問題、人的な問題さえクリアできるのであれば

デメリットと呼べる障害はないと言えます。

 

 

 

□ 導入事例を踏まえた経理効率化

 

RPA導入による経理業務の効率が実際にどのように行われたのかをご紹介致します。

 

 

今回ご紹介する事例の企業は

日々の経理業務に膨大な人件費とヒューマンエラーをチェックするために多くの時間を掛けていました。

 

多くの時間を掛けてるためのその人件費と

何重のチェックをしてもどうしても防げないミスに対して、どうにかしたいと思っていました。

 

 

そこで、外注によるRPAの開発導入に踏み出しました。

 

その企業では、外注先からライセンス使用するという

ランニング費用を月々支払うことでRPA導入する運用形態を選択しました。

 

もちろん、どんな業務でもRPAによる自動化が可能になるという訳ではありませんので、

「単純作業」を抽出し、部分的な自動化から取り掛かりました。

 

 

具体的には、「画一的なデータを毎回同じように加工する」といった、考える必要がない作業です。

 

 

この企業では、多店舗展開をしている事業を行っていることから、

各店舗からの売上データや仕入データ、経費データ

に至るまでを毎日手作業で会計システムへ入力をしていました。

 

その作業は店舗からあがってきた部分的なデータを

会計システムへ取り込めるようにするといったものです。

 

これだけを聞くとそれほど大変な作業ではないように聞こえるかもしれませんが、

毎日の作業となるとその作業量は膨大なものになっていました。

 

数万行のエクセルデータを加工するのですから、時間もエラーもあります。

 

その作業を人ではなく、RPAにより自動化することにより、

それまで手作業していた作業がなくなることになり、

会計データに取り込まれた最終チェックをするだけでよくなったのです。

 

 

毎日3時間掛かっていた作業が、始業開始する時点では既に出来上がっているのです。

 

そしてイレギュラーなことがない限りは100%の完成度で出来上がっていました。

 

 

RPA導入によりこれまで手作業をしていた時間は

自動化できない作業に多く費やすことが可能となりました。

 

 

この企業では人件費そのものを大きく削減させることが目的ではなく、

膨大な単純作業を自動化することによって、ヒューマンエラーを無くすことでした。

 

ですが、結果として、ヒューマンエラーを無くすということは、

これまで間違いに対し、その修正するための時間と人件費を削減することに大きく影響を与える要因となりました。

 

 

それまで要していた、残業代は大幅に削減をすることができ、

現場スタッフにとっても残業時間が減れば、生活が豊かになり、明日の労働への活力になる。

 

こういった好循環も副産物的に生まれたのです。

 

そして、何よりも大きなRPA導入効果は、

単純作業を行う時間を「人」にしかできない業務に傾けることができるようになったことです。

 

 

これこそが何よりも生産性を向上させ、

悪循環だった業務から脱却することができることに繋がったのです。

 

 

現在もこの企業では、RPA化できる作業については常に開発し続けています。

ゆくゆくは仕訳の入力についてRPA化することを視野にいれています。

 

 

 

□ RPAと人の共存

 

最後に、「RPA」と「人」の関係性について、どうあるべきかを述べたいと思います。

 

冒頭にも申し上げましたが、RPAの導入をしたい経営層と現場レベルの意見の対立

というのはどうしても解消できない企業が多くあるのではと思います。

 

その対立は何故発生してしまうのか。

 

それは、今ある仕事がなくなったら仕事自体がなくなってしまうのではないか

と思う現場スタッフの意識が原因です。

 

 

その意識改革をすることがRPA導入するにあたっての第一条件だと考えられます。

 

ただ、単純にRPAを導入し、業務を自動化します。

と経営者が伝えてもその本位は現場スタッフには届きません。

 

 

導入事例でもありましたが、RPA導入により単純作業を自動化できた際には

「人」が行うべき、あるべき仕事に時間を費やすことができるようになるのです。

 

 

今後、まだまだ成長するであろうAIテクノロジーにより、

単純作業はさらに自動化への道を歩みます。

 

その中で、「人」はどう変化し、成長していかなければならないのか

を考えなければならない時期が目の前まで来ているのかもしれません。

 

それを経営層の方をはじめ、現場スタッフへも浸透させていかなければ、

今後我々、人間の仕事はなくなっていく一方になるかと思います。

 

そのキッカケとしてRPA導入を検討されるのも、

それは企業を良い方向へと向かわせてくれるのではないかと強く思います。

 

 

AIの生産領域と人間の生産領域」、今からでも考えておかなければ

時代の波に取り残されてしまうことになってしまうかもしれません。

 

 

 

 

topへ
© RPA.biz