■サイト内検索:
 

RPA Biz > RPA > 【RPAにより】ホワイトカラー業務が変化する?

【RPAにより】ホワイトカラー業務が変化する?

2018.09.27

RPAとホワイトカラー業務の課題

 

 

企業において、業務効率化は至上命題のひとつではあるものの、

比較的小粒の業務についてはコスト面および対応のしづらさから、人手に頼っている部分が多く残っています

 

 

多くのコンサルティング会社は、

企業のバックオフィス部門の生産性向上と人的資源の有効活用を推進するため、

RPA(Robotic Process Automation)ツールを活用し、

業務自動化を推進する業務改革サービスを提供しています。

 

 

大量定型業務はビジネス・プロセス・リエンジニアリングや大規模システムの導入により、

効率化が実現できているものの、

小粒の業務はさまざまな理由によりいまだ人海戦術で対応している企業が散見されます。

 

 

RPAツールによって、従来型のシステム開発手法では対応しにくい

ボリュームが小さい」「変更が多い」「標準化できない

といった業務であっても、RPAツールを活用することで効率化が可能となります。

 

 

数多くの業務改革経験を生かし、現場を巻き込んだスピーディな業務改革を実施するRPA業務改革サービスは、

RPAと、コンサルティングの業務改革ノウハウを組み合わせたサービスです。

 

RPAの対象業務としては、

これまで自動化できなかったERPWebメールファイルサーバーデスクトップ上のExcel

などアプリケーションをまたいで発生する広範囲の業務を自動化することが可能です。

 

業務の一連の流れと参照情報を整理し、ロボットが記憶し自動化するため、

コーディングなどのシステム開発が不要です。

 

 

そのため、従来のシステム開発手法では対応することが難しかった

業務量が少ない」「変更が多い」「標準化できない

といった業務でも自動化することができます。

 

 

また標準的なアプローチのため、簡易効果診断では、ロボット化する対象業務の洗い出しを行い、

工数削減の効果および開発費用の概算を算定します。

 

トライアル導入では23つのロボットを導入し、実環境におけるロボットの有効性を検証し、

効果の実感を確認した上で本格導入へと進みます。

 

 

 

RPAで「ホワイトカラーの仕事の47%がなくなる」の意味

 

 

 

 

 

生産性向上が必要になる中で、企業での積極活用が叫ばれているテクノロジーが、

RPA(Robotic Process Automation:ロボティック・プロセス・オートメーション)です。 

 

 

去年開催された日本RPA協会の主催セミナー「やらざるを得ないRPAと取り組みの実態」では、

いまITにおいてキーワードになりつつあるRPAについての解説がありました。

 

 

今後、日本は労働者人口が大きく落ち込むと予想されています。 

 

内閣府の「平成28年版高齢社会白書」によると、2025年には日本の人口は700万人減少し、

15歳から64歳の人口が約7000万人まで落ち込むと言われています。 

 

そのような日本の労働人口が減少する状況下において、

日本人の働き方を大きく変えるテクノロジーがRPAなのです。

 

RPAはアプリケーションを使って行うオフィスワークを学習し、それをそのまま実行することができます。

 

 

いわば、人が手動で行っていた各種ツールによる事務処理などの

ルーティンな作業を代行してくれるデジタルレイバー(仮想知能労働者)です。 

 

人がやりたくない、やるべきではない作業を人の200倍のスピードで処理してくれます。

そして、36524時間稼働してくれます。 

 

 

デジタルレイバーという新しい労働力が活用できるというわけです。 

 

また、RPAは人の操作を記憶させるだけなので、

稼働させるために大規模なシステム導入やプログラムの修正・変更の必要はありません。 

 

 

ノンプログラミングで容易に構築でき、短期間かつローコストで導入することができる

というメリットも生まれます。 

 

 

 

ホワイトカラー生産性調査の必要性について

 

 

ユーザー部門が対象システムを活用することによって、

どの程度生産性を向上できたか、定量・定性両面から把握します。 

 

これにより、成功事例の全社展開や費用対効果の振り返りなど、

積極的な IT マネジメントを遂行できるようになります。

 

 

 

ホワイトカラー生産性調査をどのようにすれば良いのか

 

 

測定が難しいシステム導入によるホワイトカラーの生産性向上度合いを、

短期間で簡易的に調査して定量的に示します。 

 

さらに、その部門の“業務項目”にブレイクダウンしその効果を示します。

 

同時に、定性面での特徴も示すことで、数値とその論拠をマネジメント層がわかるような形で表現します。 

 

 

生産性調査でよくみられる“調整”や“資料作成”といった作業項目での評価のみならず、

年度計画立案”“市場調査”といった、マネジメント層が理解できる業務項目ベースで効果を示すべきです。

 

 

 

RPAは従来のシステム変更とどう違う?

 

 

業務の自動化は業務システムの見直しでも実現できますが、RPAは概念が異なります

 

 

例えば、顧客管理業務のケースで考えてみましょう。 

 

顧客管理システムが導入されている企業でも、

顧客データのインポート作業などはたいてい人の手で行ないます

 

また、入力作業の報告メールを送ったり、入力作業後に他のスタッフがダブルチェックしたり、

人手による作業はそれなりに発生します

 

業務効率化のためにシステム改修を行なったとしても、

システム間のデータ移行やチェック業務などはなかなかシステムに組み込みにくい作業です。

 

一方RPAの場合、入力作業からチェック、報告までのプロセスすべてをソフトウェアロボットが代行します。 

 

つまり、

システム変更ではカバーしきれない業務範囲でも、RPAでは自動化できる可能性が高い

というのがポイントです。

 

システム変更ではイレギュラー対応など非定型業務の自動化が難しいケースが多いのですが、

RPAならAIなどの導入で実現できるケースもあります。

 

 

 

RPAでロボットがホワイトカラー業務を代行できる時代へ

 

 

とある銀行グループが業務自動化技術を導入して、

9,500人相当の仕事量を削減する方針を20179月に発表したことが大きな話題となりました。 

 

この業務自動化技術のメインとなるのが、

RPA(Robotic Process Automation:ロボットによる業務効率化)です。 

 

もちろん、RPAの導入により、

品質の向上とリードタイムの短縮、労働不足の解消につながっており、効果は出ているそうです。

 

 

ロボットによる業務代行というと製造業をイメージしがちですが、

RPAはPCを使った業務などホワイトカラーの業務を代行します。

 

そのため、仮想労働者(デジタルレイバー)とも呼ばれることもあります。

 

ロボットによる業務効率化というと、単純作業の代行というイメージを持つ方も多いかもしれません。

 

RPAでは3つのクラスに分かれていて、最も高度なクラス3になると

AI(人工知能)の学習能力によって分析や業務改善などの複雑な業務ができるものもあります。

 

 

<クラス詳細>

  • RPAクラス1:定型作業の自動化
  • RPAクラス2:一部非定型作業の自動化(イレギュラー対応もできる)
  • RPAクラス3:高度なタスクの自動化(業務プロセスの分析・改善もできる)

 

 

RPA2016年以降、働き方改革の手段の1つとして注目を集めている技術です。

 

自動化技術などの導入により、

人間は人にしかできない仕事や新しい仕事を担当するようになるでしょう。

 

 

仕事に必要なスキル向上も合わせて行い、オフィスワーク全体の生産性を高めていきます。

 

今、人が行なうPC業務をRPAによって自動化することを目指している企業は少なくありません。

 

 

 

 

topへ
© RPA.biz