■サイト内検索:
 

RPA Biz > BPOアウトソーシング > 日本のアウトソーシング業界に革命を!NOCが行うRPAサービス

日本のアウトソーシング業界に革命を!NOCが行うRPAサービス

2018.03.26

NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社(旧NOC日本アウトソーシング株式会社)は、様々な分野のアウトソーサーとしてだけでなく、RPAサービスも導入しています。

アウトソーシングは、業務の外部委託として活用され、実際に業務を行うのは人になります。委託元は業務改善を果たせても、委託先は変わらず(場合によっては酷くなった)ということもありえます。

そこで近年注目を集めているのは、RPAサービスです。アウトソーシング専門会社も自動化をするために導入しているのです。

 

RPAサービスとは

RPAサービスとは、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用した業務改善サービスです。NOCでは、WinActorを活用し、Windows環境で行うバックオフィス業務の自動化を行っています。

RPAを上手く活用することで、業務が人からロボットへ渡り、本当の意味での働き方改革が実現可能になるのです。つまり、日本のアウトソーシング業界をも改革できるのです。

 

RPAの導入だけでなくコンサルティングも

NOCはコンサルティング会社としての側面もあり、RPA導入にあたっては、しっかりとした業務の棚卸しを行います。RPA導入を検討している企業は、単純な業務改善のことしか頭になく、どの業務に対し、どうやっていけば成功するか。その視点は薄いです。

RPAを導入し、成功させるためにも専門家視点でのコンサルティングが必要になるのです。

 

日本のアウトソーシング業界はロボットが変える

NOCが取り組んでいるRPAを見ると、アウトソーシング業界こそ、自動化や働き方改革が必要というコミットが伝わってきます。単純に業務を受けて、その場しのぎの業務改善ではなく、長期的な視点を持つことが重要になるのです。

日本は労働人口が減少することがわかっており、解決するために外国人労働者を増やすことやAIやロボットと共存した働き方を模索しています。

それに取り組んでいるNOCは、日本のアウトソーシング業界を根本から変えていくことでしょう。

 

まとめ

日本におけるアウトソーシング業界は、今まで伸び続けてきました。必要とされる以上は今後も伸び続けていきます。しかし、労働人口が減少していく関係で、アウトソーシング業界も人の確保が難しくなります。

ロボットやAIに業務を覚えさせ、任せられるようになれば、人数が少なくなっても仕事は循環していきます。そうなっていくために、RPA分野に注目が集まっています。日本のアウトソーシングに革命を起こし、働き方改革を根本的に解決するために、NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社の活動に注目です。

topへ
© RPA.biz