■サイト内検索:
 

RPA Biz > UiPath > 【UiPath Orchestrator環境を構築する】 その4 Orchestrator

【UiPath Orchestrator環境を構築する】 その4 Orchestrator

2018.09.25

 

前回は、UiPath Orchestrator環境を構築するために、ElasticsearchKibanaをインストールしました。

 

 

【前回記事はこちら】

【UiPath Orchestrator環境を構築する】 その3 ElasticsearchとKibana

 

 

 

今回は、Orchestratorをインストールします。

 

今回も、Orchestrator v2018導入ステップバイステップガイドを参考にしながら、インストールしていきます。

 

OrchestratorTCP443ポートを使用しますが、インストーラーが設定してくれます。

 

インストーラーは、UiPathサイトからダウンロードできます。

インストーラー実行後、ライセンス条項に同意して、「Advanced」を選択します。

 

 

 

 

デフォルトのインストール項目にOrchestratorは含まれていませんので、追加しましょう。

 

 

 

 

不要な項目を外して、Orchestratorだけをインストールすることもできます。

 

今回は、Orchestrator Websiteとロボットロボット自動起動機能をインストールします。

 

 

 

 

ホスト名が正しいことを確認して次に進みます。

 

 

 

 

Application Pool Identity」を選択して次に進みます。

 

 

 

 

SQL Server名uipath_sqlの名前パスワードを入力して次に進みます。

 

 

 

 

ElasticsearchURLを入力して次に進みます。

 

 

 

 

Windows認証を使用する場合は、チェックを入れて、ADドメイン名を入力します。

 

今回は、チェックを入れずに進みます。

 

 

 

 

Install」をクリックします。

 

 

 

 

インストールが完了しました。「Launch ~」のチェックを外して終了します。

 

 

 

 

インストーラーがちゃんとWindowsファイアウォールを設定してくれたか確認します。

 

 

 

 

TCP443ポートが許可されています。

インストーラーでロボットの自動起動を選択した場合は、サービスも確認しておきます。

 

 

 

 

IISマネージャーで「UiPathOrchestratorYYYY.X」サイトが作成されていることを確認します。

 

 

 

 

SSMSUiPathデータベースにテーブルが作成されていることを確認します。

 

 

 

 

続いて設定ファイルを確認します。

 

まず、IISマネージャーでサイトを停止します。

 

 

 

 

サイトが停止したら、設定ファイル

C:\Program Files (X86)\UiPath\Orchestrator\Web.config

をメモ帳で開きます。

 

 

組織単位機能を有効にしたい場合は、「OrganizationUnit.Enabled」を検索し、

見つかった行のfalsetrueに変更します。

 

Orchestratorガイドには、まだテスト中、と書いてありますが、

この機能を必要とする環境は多いと思います。

 

 

 

 

Web.config内では、「<!–」と「–>」で囲まれた部分はコメントアウトされます。

続いて、Orchestratorのログの書き込み先を確認します。

 

logger name」で検索すると見つかります。

 

 

 

 

図のようにdatabase, robotElasticBufferと書かれている場合は、

SQL ServerElasticsearchの両方にログが書き込まれます。

 

Orchestratorガイドには、200万を超えるログを保持すると、

パフォーマンスの問題が発生する場合がある、と書かれています。

 

書き込み先をElasticsearchのみにする場合は、「database, 」を削除します。

 

 

 

 

Web.configには他にもたくさんの設定項目がありますので、Orchestratorガイドを見ながら、

ご自身の環境に合うように設定しましょう。

 

 

Orchestratorガイドは、ところどころ和訳文がわかりづらくなっているので、

英語版を読む方がよいかもしれません

 

 

 

Web.configの確認/変更が終わったら、IISマネージャーでサイトを開始します。

 

 

 

 

Orchestratorの画面を見てみましょう。

 

ブラウザで「https://ホスト名」を開きます。

 

ブロックされる場合は、信頼済みサイトに追加します。

 

 

 

 

 

 

Login画面が表示されたら、「default」テナントに、「admin」ユーザーでログインします。

 

パスワードは「890iop」を使用します。

 

ログイン後、パスワード変更を要求されます。

 

 

 

 

 

 

Orchestratorの管理画面が表示されたら、

右上のAボタン(adminの頭文字)をクリックしてメニューを表示し、「Settings」を選択します。

 

 

 

 

Generalタブで、Timezoneを変更します。

 

 

 

 

日本のタイムゾーンを選ぶ場合は、UTC+09:00の中から探します。

 

選択後、「SAVE」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

他のタブにも設定項目があるので、環境に合わせて設定します。

 

 

設定が終わったら、他のPCのブラウザでもアクセスできることを確認します。

 

自己証明書は信頼度が低いので、ブラウザに警告が表示されますが、かまわずアクセスします。

 

 

 

 

 

 

他のPCのブラウザでもログイン画面を確認できました。

 

 

この時点で、管理用ユーザーの追加等はできますが、ロボットの登録はまだできません

 

ロボットを登録するには、ライセンスが必要となります。

 

 

ライセンシングについては、次回、説明します。

 

 

 

 

 

 

 

おまけ1 httpsではなくhttpでOrchestrator管理画面にアクセスできるようにする

 

 

ブラウザでOrchestratorを見るたびに自己証明書で注意されるのは面倒です。

 

設定をいくつかいじって試してみたところ、

httpでOrchestratorにアクセスできるようになりましたので、

ここでは、その方法について書きます。

 

 

まず、UiPathOrchestratorサイトを停止します。

 

 

 

 

UiPathOrchestratorサイトのバインドを編集します。

 

 

 

 

まずhttpを追加します。

 

 

 

 

種類がhttpになっていることを確認してから、ホスト名を入力し、OKをクリックします。

 

 

 

 

httpsを選択して削除します。

 

 

 

 

httpsが削除されたことを確認してから閉じます。

 

 

 

 

サーバーを選択して、サーバー証明書をダブルクリックします。

 

 

 

 

サーバー証明書を削除します。

 

 

 

 

Web.configをテキストエディターで開き、https接続に関する部分を探し出します。

 

 

 

 

コメントアウトします。

 

 

 

 

Web.configを上書き保存してから、IISマネージャーでサイトを開始します。

 

 

 

 

以上で設定は終わりです。

 

 

ブラウザで「http://サーバー名」を開いてみましょう。

 

ブロックされる場合は信頼済みサイトに追加します。

 

 

念のため、他のPCのブラウザでも確認しておくとよいでしょう。

 

 

 

 

おまけ2 ディスク使用量

 

 

今回作成した3サーバーの、Orchestratorのインストールが終わった時点でのディスク使用量を調べました。

 

Orchestrator用サーバーのディスク使用量:

 

 

SQL Server用サーバーのディスク使用量:

 

 

Elasticsearch+Kibana用サーバーのディスク使用量;

 

 

 

 

 

今後、ロボットを動かしながら、ディスク使用量や、ログやデータベースのサイズの変化を見ていく予定です。

 

 

 

 

 

topへ
© RPA.biz