■サイト内検索:
RPA.biz
RPA Biz > RPA
注目されているRPAの背景 2017年に内閣府が発表した資料によると、日本では2030年にかけて生産年齢人口が減少し、労働参加が増加しても就業者数は減少する見込みとなっています。民間企業の発表によれば、2025年には労働人口は、最大で1,255万人不足する見込みだそうです。出生率が年々下がっている現状を考慮すると労働者の確保は今後、全ての企業において課題になると考えられます。 労働人口の低下に...

2018.02.15

 
関連タグ:
Robotic Process Automation、いわゆるRPAは近年急速に普及し始めています。     海外製を含め、約40種類のRPAツールが存在するといわれています。 積極的に導入しようとする企業が多いですが、 RPAツールそれぞれ共通点もあれば相違点もあるため、 選ぶときは決して簡単とは言えません。   本文ではRPAの種別を説明した上で、...

2018.02.14

 
関連タグ:
RPAの導入背景 「技術が進化しているのに、頭を使わない作業が増えるのはなぜなのか」と住友林業のシニアマネージャーを務める成田裕一さんは4年前のある出来ことでそう思った。 2013年、丁度全社がMicrosoft Officeのバージョンアップを行っていた。互換性問題でExcelファイルがきちんと新しいバージョンでも動作するよう、事前にファイルを確認しなければならなかった。当時集めた...

2018.02.13

 
関連タグ:
 「働き方改革」という言葉が声高に叫ばれていますが、業務量がすぐに減ることはなく、どうにかして業務効率化を図る必要があると頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。業務自体を見直すというのも一つの手だが、ツールの力を借りるという手もあります。そのために有効な手段としておススメなのがRPAです。  RPAとはRobotic Process Automation(ロボティックプロセスオートメーシ...

2018.02.08

 
関連タグ:
 最近、RPAという言葉をよく耳にされ、導入を勧められることがありますが、ベンダー候補がどれくらいいて、コストはどのくらいかかるのかわからない、という人はいないでしょうか。働き方改革に貢献する上に、業務効率化が図られるというメリットを聞くと、導入しようかな、と思っても実際に導入するにはわからないことが多すぎてハードルが高いという人のために、今回はベンダーとコストがどれくらいかかるのかわかる範囲で説...

2018.02.07

 
関連タグ:
 最近、ニュースなどで「第四次産業革命」という言葉を聞くようになりました。   第四次産業革命とは何かについて内閣府が詳しく説明したページがWeb上にあるのでそれを参照して少し第四次産業革命について考えてみましょう。 (参照:http://www5.cao.go.jp/keizai3/2016/0117nk/n16_2_1.html)。    内閣府によると第四次...

2018.02.05

 
関連タグ:
RPAという言葉を聞いたことはありますか?これはRobotic Process Automation(ロボティクスプロセスオートメーション)の頭文字をとったもので、2016年から様々な企業が導入しているソフトウェアの一つです。  インターネットが整備され、パソコン一台で様々なことができるようになった現代では、ソフトウェアがますます重要な地位を確立しています。今回はそのなかでも今後様々なところで利...

2018.02.02

 
関連タグ:
 銀行や保険業界などで盛り上がっているRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ですが、具体的にRPAを説明するのは難しいですよね?会社がそろそろRPA導入を考えていて担当者になってしまったという方から会社のIT部門に所属している方まで、RPAの概要とどのようなセミナーが行われているのかまとめてお伝えしたいと思います。 そもそもRPAって何?  RPAを説明するにあたり、そもそも社会的...

2018.02.01

 
関連タグ:
RPA(Robotic Process Automation)は、2015年頃から急速に日系企業の中でも導入検討が進められています。まず導入が進んだのが、銀行や保険をはじめとした金融業界です。これは新聞や雑誌の記事でも発表されているのでご存知の方も多いでしょう。その他にもコールセンターにてオペレータースタッフのアシスタントとして使われる例や、経理・人事・総務といったバックオフィス業務のBPOセンタ...

2018.02.01

 
関連タグ:
Robotic Process Automation、つまりRPAの技術が間接業務の効率化領域を中心に昨今脚光を浴びています。 もともと企業は規模の大小に関わらず、業務の効率化、生産性の向上に取り組んでいました。まずこの企業の効率化の取り組みはトヨタ生産方式によるジャスインタイムシステムや、リーン生産方式に代表されるように製造現場の改善として行われました。その流れは更に、シックスシグマ等の手...

2018.01.31

 
関連タグ:
topへ
© RPA.biz