■サイト内検索:
RPA Biz
       
  一つの業務をRPA化するには、どのような順番で行う必要があるのか?   普通に考えると、最初に何をRPA化すべきか、つまり「業務選定」を行うだろう。   その後、当然RPAプログラムの開発が不可欠だ。開発終わったら、テストし、実運用を行うだろう。     大まかにいうとほぼすべてのシステム導入もこのように行うが、RPA自身の...

2018.12.11

 
関連タグ:
参考記事;ゆうちょ銀行、投資信託の口座開設業務をRPAで自動化 作業時間を3分の1に――富士通の業務自動化システムを導入       (富士通ホームページより引用)       富士通株式会社 ( 本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長 :田中 達也、以下富士通)は株式会社ゆうちょ銀行(本社:東京都千代田区、社長:池田 ...

2018.12.10

 
関連タグ:
     弊社がパートナー契約を結んでいるUiPath社のRPAツールには、「Community Edition」という無料でRPAのプログラム作成を行うことができるツールがあります。   簡単にダウンロードできますので、初期投資を気にせずにRPAの体験を簡単に行うことができます。   その為か、プログラミングの経験が少ない人やExcelでマクロ機能を使っ...

2018.12.07

 
関連タグ:
  [toc]         RPAの導入事例が増えるにつれ、RPAに関するリスクについて懸念の声が目立つようになってきたように感じます。   今回のコラムでは、RPAのリスク管理支援サービスについて紹介したいと思います。         ・RPAリスク管理サービスとは? RPA...

2018.12.06

 
関連タグ:
  [toc]             近年、業務の自動化を実現するツールとしてRPA(Robotic Process Automation)が注目を集めています。   では、実際に導入を検討しようと検討しているが、どの業務へ導入すれば良いのかわからない、または、導入したが思ったような結果が出なかっ...

2018.12.05

 
関連タグ:
    日々の業務にすぐに取り入れることができる、業務改善や目標達成のためのフレームワークを紹介します。       1.6W2H (1)目的 問題の多面的把握、思考整理       (2)内容 6W2Hは6つのWと2つのHの計8つ疑問詞を用いて、物事やテーマ、問題、課題などを多面的な切り口か...

2018.12.03

 
関連タグ:
参考記事:https://news.mynavi.jp/article/20180928-698714/   近年、日本国内労働力の不足へ対応や生産効率を向上するために、RPAを導入する企業が急増しています。   民間企業はもちろん、地方自治体での導入も多く聞かれています。   それらの事例は、すでに記事で多く紹介せていただいておりますので、ご参考にしてく...

2018.11.30

 
関連タグ:
参考記事:大津市、市役所業務などでRPA・AI活用--富士通と有効性を共同検証   地方自治体のRPA導入が進んでいます。 下記記事では、茨城県つくば市や、京都府の事例をご紹介しています。 https://rpa-biz.com/?p=899     そんな中、滋賀県大津市も、RPA導入へ向けてPoC(概念実証)に動き出したことが紹介されています。 &...

2018.11.29

 
関連タグ:
参考記事)千葉の地銀各行、定型作業を自動化 営業人員を増強       千葉県内の地方銀行、京葉銀行は今年度10月から主に住宅ローンの審査業務でRPAを導入しています。   RPAとはロボティック・プロセス・オートメーションの略で、人間に変わりロボットが単純作業を行うことで効率化を図ろうというものです。     &nb...

2018.11.28

 
関連タグ:
目次 運用フローの比較(日本電気株式会社_RPA実証実験結果 のP11) 個人特定方法(日本電気株式会社_RPA実証実験結果 のP12) RPAシナリオ作成の課題(P13) 計測結果について(P15) 担当者の声(P16) その他         【前回の記事はこちらから】 https://rpa-biz....

2018.11.27

 
関連タグ:
  [toc]         1.はじめに ご存知のとおり、RPAの大きい特徴としては明確なルールがり、かつ大量重複な作業に向いていると言わている。     また、ソフトによっても異なるが、導入時が発生する導入費用やランニングコストがあるため、当然RPAの作業量が多ければ多いほど費用対効果が優れるだろう。 ...

2018.11.26

 
関連タグ:
    [toc]           本コラムでは、RPAの導入機会を増やすために有効な、周辺ITツール/ソフトウェアの話をします。   RPAはその性質上、PC上で行われる作業しか対象となりえず、すなわち扱うデータ・情報は「電子化」されているものが基本的には前提となります。    ...

2018.11.22

 
関連タグ:
参考記事)中国で盛り上がるRPA市場、日系企業にもチャンス         RPA業界で最大手の一つであるUiPathは11月15日に中国北京市内にて初の顧客向けセミナーを開催した。       UiPathは日本でも多くの企業に導入されているRPAツールである。 そのツールの使いやすさと、教育ツールを無料で...

2018.11.21

 
関連タグ:
      今年可決されたばかりの「働き方改革法案」。   以前から「日本人は働き過ぎ」と言われてきましたが、なかなか改革が進みませんでした。     しかし、ここにきて労働環境が一気に変わろうとしています。何故、労働環境が変わろうとしているのでしょうか。   そもそも、働き方改革は何故始まったのでしょうか。...

2018.11.20

 
関連タグ:
参考記事)スカイコムとRPAテクノロジーズ、OCR不要のBizRobo! Paper-free       RPAテクノロジーズ株式会社(以下「RPAテクノロジーズ」)は、株式会社スカイコム(以下「スカイコム」)と協業を行い、新サービス「BizRobo! Paper-free」を2018年11月14日より提供開始しました。     &...

2018.11.19

 
関連タグ:
  [toc]           1.はじめに ~ RPAコンサルタントとはどのようなことをするのか 本コラムでは、RPAの導入をする上で欠かせないコンサルタントの話をします。   筆者自身もそのような仕事をしている人間の一人でありますが、果たしてRPAコンサルタントの仕事とはどういうものでしょう。 &n...

2018.11.16

 
関連タグ:
目次 はじめに 接客業×AIの難しさ 小売業におけるAI活用事例 【発注システム】 【AIボットによる購買アシスタント】 【AI接客システム】 さいごに         1. はじめに 近年、労働人口の減少に伴い、急速に人手不足が進行しているのが接客業です。   実際、東京都...

2018.11.15

 
関連タグ:
    RPA(ロボティック・プロセス・オートマティック)は、既存システムと異なり、 比較的低コストで業務プロセス自動化を実現できるのが最大の強みです。     RPAを活用すれば、従来はROI(投資収益率)面で見合わないなどの理由で IT導入が見送られ人海戦術でカバーしてきた業務プロセスにも光が当たります。     イギリスのブルー・プリズム社が...

2018.11.14

 
関連タグ:
      RPA(Robotic Process Automation)は現在、「RPA女子」などのワードがgoogleのトレンドに載るなど、RPAを現在の資源と組み合わせることで推進していこうという流れがあります。   そんな中、株式会社アーネストキャリア(以下アーネストキャリア)は株式会社RPA NEXT(以下RPA NEXT)との提携によっ...

2018.11.13

 
関連タグ:
    参考記事)RPAテクノロジーズ×エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート 「開発効率」、「人とロボットの協働」、「全体の最適化」を実現 BPM活用できるRPAサービス「BizRobo! PRO」を提供開始         現在、ホワイトカラーのバック作業の効率化などに伴って、RPA(Robotic Process A...

2018.11.12

 
関連タグ:



RPA Biz

RPAという言葉を聞いたことはありますか?

これはRobotic Process Automation(ロボティックプロセスオートメーション)の頭文字をとったもので、

2016年から様々な企業が導入しているソフトウェアの一つです。

 

RPAとはどんなものか?

簡単に言えば、パソコンで出来る操作であれば、すべてロボットに任せてしまうことが出来る画期的なツールなのです。

詳しくは当サイト内にRPAに関わる多くの記事がありますので、ぜひご覧ください。

 

インターネットが整備され、パソコン一台で様々なことができるようになった現代では、

ソフトウェアがますます重要な地位を確立しています。

今後様々なところで利用が可能であり、また、強力なツールとなるRPAについて紹介していきます。

今、IT革命の最先端バズワードである“RPA”――その初心者から、RPA関係者に対するディープな記事まで満載のサイトとなっております。

 

topへ
© RPA.biz